ナルタキ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS もんだみん

<<   作成日時 : 2013/05/19 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

アイアンマン3が好調らしい。
そういえばマーブル原作は全部DVDスルー。映画館に足を運んだことがないのだった。
ホームシアター完備の富裕層ならまだしも、ドンパチ基本の超人映画をちっこいテレビ画面で見たような気になるなんてなんだかさもしい話ではある。

アイアンマン…その名称もすっかり市民権を得た感があるが、15年前はこんなじゃなかったよと老婆心ながら申し上げたい。
マーブル社の名前が一般層に浸透してきたのはおそらく90年代半ば頃、小学館からエックスメンの和訳本が、
カプコンからは格ゲーが同時期に出回りだし、好きモノの間でアメコミへの関心が徐々に高まりつつあった時代だ。
あと無視できないのは、るろ剣の影響か…
そこらへんを本格的に術懐すると日が暮れちゃう〜。


上京して気付いたのは、コミックス未読かつ格ゲー馬鹿でもないのにエックスメンのキャラやら基礎知識はなぜか押さえてる連中の多さ。
話を聞けば大抵はテレ東系でやってたエックスメンのアニメを見てた許せない手合いだ。
件のアニメ放映当事、鳥取の寒村でテレ東を見れる家なんぞまず無い。
テレ東=夢のアニメ専門チャンネルくらいの認識だった厨房のフラストレーションはけっこう深刻なものがある。
テレ東当たり前に見れる奴らへのジェラシーはみんな共有。
たとえば鳥取県民がエヴァを発見したのはテレ東系列リアルタイムの放送が終わって1年後、真夏16時の日本海テレビ。
夏休み明けの教室では一斉にエヴァの話題が噴出。
リアルタイム組にはなんとも牧歌的な光景かもしれない。

だがしかしテレ東でなくBS2の衛星アニメ劇場で放映されてたアイアンマンのアニメに慣れ親しんだ奴は意外に少ない。
バタ臭い欧米産アニメを安定した頻度で紹介してくれた同番組の価値は、現在こそ顧みられて然るべきと思うのだが。
バイカーマイスとか存在すら知らずに死んでた可能性もあるからね、つまんなかったけど。
(関係ないけど、ここ一年で借りたワーストDVDはサル○ージマイス。おかげで谷村美月に萌えるのが若干ムズかしくなってしまった)
同時期にカプコンの格ゲーでもアイアンマンが動かせるようになり、このまま一気にブレイクスルーする環境は整った!かに見えたが、実際そうなるのは10年後のハナシ。
当時の衛星アニメがこしらえたのは10年後のブレイクへの土壌ではなく、妙なアジアンテイスト漂うカルトヒーローのイメージ。
衛星アイアンマンとロバート・ダウニー・Jr.のそれは、地続きではなく大きな断絶があるような気がしてるぜ…
衛星アイアンマンに付着するアジアンな香りは、煎じ詰めると2つのファクターに行き着く。


((=゚Д゚=)アニソン〜
ハイこれ見て。


まずは動画あげていただいた方にでかい感謝を…
浅黒い社長さんが一人半裸で溶接したりドロドロに煮えた鉄流し込んだりとなにやら淫靡な映像は、音を消してボーっと眺めてると僕の大好きなアニソン、「エボシ タタラうた」が聞こえてくるかのよう。
でもそれはウソ、間違ってる。
正しい主題歌はこう始まる
「♪時のパズルがせめたてる荒野で アシュラのようにあなただけ優しい…」

……なんか唐突な比喩!宮沢賢治というかニプリッツというか。
「♪永遠が愛に変わるとき〜」
とかよく考えると難解な歌詞。これが舌足らずな女声で歌われる。

((=゚Д゚=)宿敵〜
アシュラのように優しい社長のライバルは「マンダリン」という蒙古族の末裔で、こいつが死んだら最終回。
行動理念や目的は失念したが、敵なので規模のデカい悪事を重ねる。
ご存知上映中のアイアンマン3に満を持して登場なすった超常系犯罪者。
映画では現代的なテロリストとして描かれてるらしいが、その設定こないだのバットマンの肉弾系犯罪者のトホホ感を思い出すナリ〜。


衛星アイアンマンはアシュラのように優しい社長と蒙古族の末裔(緑黄色人種)の戦いを軸として描く、国籍ゆらぐアニメだった。
内容は全部忘れたが最終回、神通力を失ってアジアの寒山に打ち捨てられたマンダリンの最期は未だに忘れられない。
打ち捨てられた途端に運悪く山賊と出くわして、ニヤニヤ顔で近づいてくる山賊連中をマンダリンの主観で見せられ
「ちょ、まっ、AHHHHHHHHHHHHHHH!!!!!!!!!!」
みたいな断末魔と共に画面が暗転…たしかそんな感じの後味悪い最期だったよ。

そんなわけで衛星アイアンマンは、あんま萌えない酔狂なアニメ以上のもんでは決してなかった。
部活とかで遅くなって見逃しても気が狂うほど悔しかった記憶はない。
カプコンの格ゲーでもシリーズ後続からは大人の事情でウォーマシンにすげ代わり、キャラ選択時に響く「アイアマー…」の憂い声も聞こえなくなった。
…白状すると丁度そのころ格ゲーで強くなることの虚無感が首をもたげ始めた上に、マシンキャラ枠ながら格ゲーX-メンのセンチネルほどのインパクトもなく悪の香りもしないアイアンマンを使ったことは一度もないのです。
僕がレゲーや格ゲーについていくら言葉を費やしたところで、ハイスコアガールを読んでしまった後では己の無力さに向き合うだけのクソゲーかもしれないが。

これだけ書けば映画館でアイアンマン3見たくなるかなって思ったけど、このまま自分内カルトアニメを更新せずに、緑色のマンダリンを大事にし続けるのも悪くないかな!
あと、お隣に毛むくじゃらのロバート・ダウニー・Jr.が引っ越してくるダイアン・アーバスの伝記映画(?)はそろそろ見なきゃ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ バッグ
もんだみん ナルタキ日記/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ バッグ
2013/07/03 07:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もんだみん ナルタキ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる