ナルタキ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS るる武

<<   作成日時 : 2012/10/25 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

夏が終わる、いや本格的に終わった。
これは9月後半のおはなし…
最後の祭とばかりに、人生初の鎌倉に電車を乗り継ぎ向かう。
バイト先の奥様が「るるぶ見てると鎌倉とかさーいいよねー川越とかつまんないし、あっちの方住みたいよねー」
なんて言うもんだから、遊びに行くわけではないのだが、そんなもんかと期待は高まる。
どいうことかと言いますと、鎌倉のギャラリーで個展を開く友人の搬入ヘルパーなのです。
緑の箱の電動ドリルドライバーを携え歩く、清水の気分はアントン・シガー。
無事に鎌倉入りを果たせば、天から原坊の歌声が木霊するかのよう。
♪誰の心も悲しみで闇に溶けてゆく………
遠く長野からお父様の運転する鋼鉄ジープで、作品を具して橋口優さんはやってきた。

いい展示だった。
時系列で見ると、旧作に多く見られるハッキリした舞台描写から徐々に、画面に絵画空間の不思議が孕まれていく感じ。
まあ初期の体育館とかも相当にヘンなのだが、下手が転じてそうなっているといえなくもない。
懐中電灯やお化けの絵は昨年の初見からもふと思い出したりすることがあるし、いい絵だと思う。欲しくなる。
そして人のことはあまり言えないが、橋口さんはまだ絵の具があまり上手く使えない。
新作の赤いやつとか見ると、この人はどんな風に絵がうまくなっていくのかしらと期待させるものがある。
おおなんと真面目な展評…

その展示作業の空き時間に美女たちと鎌倉をウロウロしたり、みんなでレッドブル飲んだりしてた。
この一連のシーンを超拡大してこの夏のポートレートにしたい。
橋口さんが召還した美人ヘルパーのお一人が、10年前通ってた某美術予備校の油彩クラスで一番絵が上手かったSさんの親友の方だった。
逆に一番ヘタクソだったのが僕でした、謙遜抜きで。
加えてお昼ご飯の豆腐を切り分ける為の包丁を持ち歩いてたり、普通にキモかったりなどのどうしようもない所業の数々がたたって、残念ながらキモさでもクラス1は揺るぎなかった。
それでも随分丸くなった今の僕を思うと、当時の僕になにか申し訳ない気持ちも湧いてくる。

オープニングパーティーではギャラリーの方に、シミズが展示その他諸々から逃げ続けてきたことを糾弾される。
大体あってる、ぐうの音もない。
でもお約束の美大ディスは、前世での罪を責め立てられるような異物感。
美大出て5年そこら経つわけで、大学や教授のことを念頭に制作してるつもりは毛頭ござらんのだが。
でも未だに教授陣のことを思い出すにつけ、殺意の残り火がプスプスいってるような気がしなくもない。
負い目なく生きていれば、いちいち無駄に凹むことはないのに…というのがひとまずの結論。
別件だが、美術予備校の教師に「お前らみたいな若い奴らが日本をダメにしてんだよ。」と言われビビった。
「アンタら上の世代だって戦争止めれなかったじゃねえか」みたいなことを言えばいいの?
フリーター養成所としての美大を憂いてらっしゃるようだったが、何か大きな矛盾があるような…


鎌倉編はおしまい(σ´∀`)σ最近の日々の澱をいくつか…
聖書の方がいらっしゃって、ハナシを最後まで聞くと絵がいっぱいついてる冊子をくれるので、なんとはなしに聞いてたら、その間に開け放した扉から目視できるほど大量の蚊がうちに入ってきた。
ハナシが終わるまでに、ごっついことブトに咬まれる(たくさん蚊に刺される)
これはリスキー、ムヒの原液で満たされた特製おふろにダイブしたいなう…
蚊取り線香の火力を最大限に発揮するには、アタマとケツ両側に火をつけてDJが回す皿の上に乗っけるとかどうだろう。
すると見る見る内に部屋が煙で白んでいく。
気を取り直し、ヌスラットファテアリーハーンを流しながら年内最後の剃髪の儀。
これから第九でも聴きに行くんです、てな具合に穢れを落としてサッパリ。
毎度のことだが頭を丸めると、夜の公園で婦女暴行してそうな人相に変わる。

10年以上ライドオンしてる自転車が流石にガタがきまくってる。
凄まじい負荷がかかった修行用チャリでしかなく、こげばこぐほどHPが減っていく。
膝痛に悩まされるようになったので、やっと買い変えたとこでーす。
最低ランクのママチャリだが、それでも熾天使の翼を得たかのような爽快感。
万事が人より3〜5年ぐらい気付くのが遅い自分に寒気がしちゃう…

年下でアル中で都内在住のニートに、とっとと実家帰って就職しろとお叱りを受ける。
言われなくても実際悩んでる。

某日、実弟と恵比寿で晩餐会。
見た目はシャープなのだが、僕の1.4倍の体重にモノを言わせ恵比寿の街を揺らしつつサイゼを探す。
色々いい話をした気がするが、2キロのカレーをたいらげただの簡単にラーメン屋の常連になる方法だの、ためにならないハナシの方がゴエモンインパクトだった。
小学校で習った知識を総動員すると、2キロのカレーを食えば当然2キロ増える計算だ。
自分が泣くか、他の誰かが泣くかを選ばされて、その悲惨を味わったり目撃しなければならない仕事…しばらくそれに従事するハメになったという。
多くのお仕事はそんなもんではあるが内実はピンキリで、彼のケースは確かにいたたまれないものだった。
毎日ゆるキャラ描いてツイッターにアップすると啖呵を切ったが、1週間そこらでギブった(スマン…)
金返すのは後でいいから、ブログを更新しなさいと仰られた。
その言葉を思い出し、更新。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
るる武 ナルタキ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる