ナルタキ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS メタルクウラの丘へ(in埼玉)

<<   作成日時 : 2012/04/19 13:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

               原画展すっごい混んでそう…行きそびれたら大変。

「大ちゃん、どうお過ごしですか〜?群馬の結果はどうだった?日記更新ないから心配だぞ?もう寝ちゃったかな?(中略)Yahooのギャオで、『インスタント沼』って映画タダで観れるよ、検索して観てみて!かなり笑えて元気になれるよ!では、おやすみん!」
豚汁の仕込みをしているとこんなメールが届いた。以前ブログに書いた照沼くんからだった。
衰弱した僕の安否を問うような鬼気迫る文面。
現実の僕は人ごみや車の間を縫うように自転車を走らせてはキラキラと汗に塗れる日々なのだが、心配かけやすい質なのは本当だ、何かが足りないのだ。
こんな厚情メールをいただいたからには是非救っていただこうと思い、メガロポリス大宮の照沼家を訪ねてみた。
あいにくの豪雨だったが、雨の中徒歩で迎えに来てくれた。
ちなみに群馬青年なんとかは落ちました〜。

エッシャーの地獄絵のように階段を昇り降りした先に、照沼くんの君臨する天守閣はあった。
綺麗に陳列したスターウォーズのキャラらしき生首が、無言で来客をジュビリー。
スターウォーズ見たことないと言ったら随分驚いた様子だったが、そっち方面のメモリーはFSSで埋まってるから仕方ないとか言ってこれからもずっと見ないかもしれない。
作品のデーモニッシュな造形感覚(照沼敦朗でググッて)からすると意外なほど、彼の部屋は小奇麗で未来観溢れる作りになっている。
話は逸れるが、かつて隣に住んでいた友人宅がおしゃれ部屋雑誌やアクアリウム誌に載ったそうで、成功の盤石はやはり洗練された部屋にあるのかもしれない。
照沼くんは昨年の個展前辺りから、ペインターとして成長期に入っているようだった。

そんなオシャレな部屋で今日も底辺の会話や愚痴が始まる…豪雨に負けない勢いで。
後はずっと目の細い男2人で透視するように湯川潮音のPVを見ていた。
お父上の湯川トーベンはツインゴッデスの音楽も担当されていて、猛烈に格ゲーのハナシがしたくなったところで照沼ママのスペシャルディナーにお呼ばれした。
忘れがちだが、今日はお客様なのだ。
図々しいのがある意味大人とばかりに右から左へたいらげる。
赤べこで無賃飲食させてもらった鯨波さんの満足感…
「いい店だった、久しぶりに人間らしい気分、ゴチになったよ」的なことを言った直後、店をフッ飛ばしていたが、勿論そんな罰当たりはマンガの中のお話。
ここ数ヶ月で最強の晩飯でした。
お母さまに大宮駅まで車で送っていただいた。

隣の駅で「メランコリア」を観て帰った。
前の席に終始虚空と会話し続けるリアルメランコリア(美女)がいて、真の3D映画と化していた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メタルクウラの丘へ(in埼玉) ナルタキ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる